#サービスサポート管理

サービスサポート管理

SmartStageサービスデスクは、従来の社内向けITサービス管理だけでなく、自社サービスの利用者向けサポート管理にもご利用いただける機能を拡張いたしました。
提供サービスにおけるSLAを詳細に設定することはもちろん、取引先や契約情報とも容易に連携でき、サービスサポート業務の効率化と高質化に貢献します。

パフォーマンスの可視化と効率化
蓄積された問合せはナレッジベースとして活用でき、ユーザーポータルとの連携利用によるサポーサービスサポート業務の作業状況を集約し、要求・インシデント・変更に迅速に対応でき、業務プロセスの可視化と効率化を実現します。

サポートデスクの負担削減
蓄積された問合せはナレッジベースとして活用でき、ユーザーポータルとの連携利用によるサポートデスクの負担削減を実現します。

SLA目標適応でサービスレベルの向上
リクエストごとにSLA(水準合意)の目標を適用し、サポートチームがSLAを意識し、目標に向かって作業でき、サービス品質の向上を可能にします。

サービスサポート管理のフロー
SmartStageサービスデスクの機能を
分かりやすく解説している動画を公開中!
機能解説動画を再生する

下記のタイトルをクリックすると、そこから動画を再生できます。

  • 1トップ画面0:05~0:54
  • 2案件詳細画面0:54~1:40
  • 3案件起票1:40~2:50
  • 4ステータス遷移2:50~3:54
  • 5コメント入力3:54~4:36
  • 6プロセス間エスカレーション4:36~5:51
  • 7カスタマイズ5:51~7:21
  • 8アクション作成7:21~9:07