#インシデント管理

インシデント管理

「インシデント管理とは、情報システムの運用・管理において、システムユーザーがシステムを正常に利用することを妨げる状態・事象(インシデント)へ対応し、これを取り除いて利用を続行できるようにすること」と定義されています。

  • SmartStgaeサービスデスクでは、ユーザーからの問い合わせを一元的に管理し、既知の回避策(ワークアラウンド)の検索・回答を即座に行えます。ユーザーからの問い合わせは既存のメーラーから送られたメールを自動に取り込み、自動起票されます。
    また、原因究明を必要とするインシデントに関しては、問題管理プロセスへエスカレーションするとともに、問題管理案件を自動で起票します。

SmartStageサービスデスクの機能を
分かりやすく解説している動画を公開中!
機能解説動画を再生する

下記のタイトルをクリックすると、そこから動画を再生できます。

  • 1トップ画面0:05~0:54
  • 2案件詳細画面0:54~1:40
  • 3案件起票1:40~2:50
  • 4ステータス遷移2:50~3:54
  • 5コメント入力3:54~4:36
  • 6プロセス間エスカレーション4:36~5:51
  • 7カスタマイズ5:51~7:21
  • 8アクション作成7:21~9:07