#構成管理(CMDB)

構成管理(CMDB)

「構成管理とは、ITサービスを提供する上で必要となるリソース(ハードウェア・ソフトウェア・仕様書・契約書・SLA・運用マニュアルなど)と、その組み合わせ情報を最新の状態に保つためのプロセス」と定義されています。管理対象を構成アイテム(CI:Configuration Item)と呼び、構成管理データベース(CMDB:Configuration Management Database)で管理します。

  • SmartStageサービスデスクでは、ライブラリと呼ばれるデータベースに構成アイテムを蓄積させ、あらゆる管理プロセスからアクセス可能です。
    また、自社のシステムアセスメントに合わせた構成管理プロセスを自由に構築でき、柔軟な構成管理が実現します。

SmartStageサービスデスクの機能を
分かりやすく解説している動画を公開中!
機能解説動画を再生する

下記のタイトルをクリックすると、そこから動画を再生できます。

  • 1トップ画面0:05~0:54
  • 2案件詳細画面0:54~1:40
  • 3案件起票1:40~2:50
  • 4ステータス遷移2:50~3:54
  • 5コメント入力3:54~4:36
  • 6プロセス間エスカレーション4:36~5:51
  • 7カスタマイズ5:51~7:21
  • 8アクション作成7:21~9:07