#管理画面

管理画面

  • SmartStageサービスデスクは、設定ベースのノンプログラミングで管理プロセスやステータスの追加・修正が可能です。それだけでなく、案件詳細画面の項目の追加・変更もドラッグ&ドロップで変更でき、即座にレビューすることができます。 アクションボタンについても、ファンクションと呼ばれるアクション要素を組み合わせるだけの簡単設計で、プログラム開発やカスタマイズ開発は不要です。また、ライブラリと呼ばれるデータベースの構築や、細かな権限設定まで、この管理画面で簡単に行うことが可能です。(特許第5651792号)

SmartStageサービスデスクの機能を
分かりやすく解説している動画を公開中!
機能解説動画を再生する

下記のタイトルをクリックすると、そこから動画を再生できます。

  • 1トップ画面0:05~0:54
  • 2案件詳細画面0:54~1:40
  • 3案件起票1:40~2:50
  • 4ステータス遷移2:50~3:54
  • 5コメント入力3:54~4:36
  • 6プロセス間エスカレーション4:36~5:51
  • 7カスタマイズ5:51~7:21
  • 8アクション作成7:21~9:07