#サービスポートフォリオ管理

サービスポートフォリオ管理

「サービスポートフォリオ管理とは、適切な投資で成果を満たすよう、サービス・プロバイダがサービスの適切な組み合わせを持つようにし、サービスを事業上の価値の点から検討する」と定義されています。サービスポートフォリオとは、「サービス・パイプライン(検討・開発中 )」「サービスカタログ(提供中のサービス)」「廃止済みサービス」を指します。

  • SmartStageサービスデスクでは、ライブラリと呼ばれるデータベースにて「サービス・パイプライン」「サービスカタログ」「廃止済みサービス」などのサービスポートフォリオを管理し、定義・分析・承認・制定のステータスをプロセス管理が可能となります。

SmartStageサービスデスクの機能を
分かりやすく解説している動画を公開中!
機能解説動画を再生する

下記のタイトルをクリックすると、そこから動画を再生できます。

  • 1トップ画面0:05~0:54
  • 2案件詳細画面0:54~1:40
  • 3案件起票1:40~2:50
  • 4ステータス遷移2:50~3:54
  • 5コメント入力3:54~4:36
  • 6プロセス間エスカレーション4:36~5:51
  • 7カスタマイズ5:51~7:21
  • 8アクション作成7:21~9:07