SmartStage

IT部門をビジネスクリエイティブ集団にpowerd bysmart stage

IT部門をビジネスクリエイティブ集団に

システムの安定稼働、コスト削減、コンプライアンス強化など、IT部門の「作業」は年々増加しています。
しかし、新規事業や新技術の立ち上げなど、企業力強化のうえで不可欠なものは、IT部門の「知恵」です。
IT部門がビジネスクリエイティブ集団に生まれ変わるためのヒントやトレンド情報をご提供いたします。

sp_kv

  • ITIL
  • ブックレビュー

2017.03.13

全2回 ブックレビュー 《連載:第2回》 新米主任 ITIL使ってチーム改善します!

行く末の気になるストーリ展開でサクサク読める

本書は、業務改善をテーマにした、小説仕立てのビジネス書です。通信販売のコールセンターを舞台に、改善の具体的な様子を描いており、ライトノベル感覚でサクサク読めてしまいます。
本書で解説しているのは、ITシステムの運営管理に使われるITIL(アイティル)という考え方です。でも、心配いりません。本書には、IT関係の難しい言葉はまったく出てきませんし、登場事物たちも、エクセルで業務改善していきます。もちろん、IT関係者にも分かりやすく、大いに参考になるでしょう。
では、本書の3つの特徴を紹介しましょう。

特徴1.続編だけど、前編を読んでいなくても大丈夫

実は、本書は続編です。ITILの解説書として分かりやすいと評価の高かった「新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!」の後日談を描いています。

けれども、前書を読んでおく必要はありません。新しい舞台で新しいピンチに挑んでいきます。必要なITILの知識も分かりやすく書かれています。

特徴2.今回は実践編

前編が、ITILの全体解説だったのに対して、今回は実践編です

前回は、小説の中でレクチャーを受けるという形式で、ITILについて解説していました。これは、ITILの全体像を理解したり、認定試験を受けたりしたい人にはとても役に立ったと思います。しかし、具体的に主人公がどのように実践していくのか、興味が最高潮に高まったところで終わっていました。

そこで今回は、いよいよITILを現場に適用していく実践編です。主人公が、数々のトラブルを乗り越えて、チームの業務を改善していく様子が具体的に描かれています。

入社2年目だった主人公も、驚愕のラストを何とか乗り越えて、1年がかりで自部門を立て直し、社会人4年目の新米主任として活躍します。

特徴3.行く末の気になるストーリ展開

小説パートも、よりドラマチックになり、ついついストーリの行く末が気になって、さくさく読んでしまいました。

正直なところ、小説仕立てのビジネス書の小説パートに、感動を求める人はほとんどいないと思います。主人公に感情移入したり共感することも、余りないでしょう。

でも今回も、会社員を主人公とした小説として、社内やお客様からの要望で動くような部門にいる人なら、きっと共感するところがあると思います。IT部門の人にとっても、一般業務部門の仕事の様子を垣間見る良い機会になるでしょう。

出版元による紹介文

中堅化粧品メーカーで主任に昇格した友原京子。
異動になったのは、問題だらけのハチャメチャ部署だった…。
英国生まれのIT運用ノウハウ「ITIL」をチーム改善に活かすための小説型の指南書。
悩めるチームリーダーに読んでもらいたい1冊!
「新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します! 」の待望の第2弾が登場です。
今度は主任になった主人公・友原京子がダメダメな部署を立て直すというストーリーを通じて、チーム改善にITILを生かす方法をわかりやすく解説しています。
これからチームリーダーになる人、チームリーダーの立場で悩んでいる人などに、「道しるべ」として「ITIL」を提案する1冊です。

書籍概要

関連情報

page top