ITサービス管理ツールのSmartStage

ITサービス管理についての豆知識

ITサービス管理とは


ITサービス管理とは、顧客のニーズに対して適切なITサービスを提供し管理をすることになります。例えば、この管理ツールを提供する企業の中にはサービスデスクを管理するツールも存在します。サービスデスクとは、簡単に言えばお問い合わせ窓口になります。今では企業の多くはIT技術による恩恵を受けており、IT技術を利用して顧客に対してサービスを提供しているところも複数存在しています。例えば、お問い合わせ窓口が必要なサービスとしては通販やWebアプリケーションなどです。このようなサービスデスクを構築する目的で、ITitサービス管理ツールを利用する企業は少なくありません。また、サービスデスクは決してお問い合わせ窓口に限られたことではなく、社内で検知されたシステムやインフラのアラート、インシデントなどへの対応など様々な意味合いを兼ね備えています。


実施に導入をしている企業もいますが、導入をすることでどのような機能が使えるでしょうか。まず、案件の進捗状況を一目で確認することができます。企業では一つの案件だけをこなしているところは少なく、複数の案件を管理して完成を目指します。それぞれの案件を個別に管理していると、当然それぞれの担当者に進捗率を確認しなければならないので一括管理が難しくなります。しかし、ITサービス管理ツールを導入すれば、進捗状況を一目で見ることができる機能を利用することができるので、今までよりも業務効率を上げることができます。


コメント機能も利便性の高い機能の一つになります。例えば、コメント機能を利用すればアドバイスなどを共有することができます。それだけでなく情報の管理などもすることができるので、連絡や引き継ぎをする時に活用することができます。


更に同時にメールを送信することができるので、連絡をする時の利便性を高めることも可能です。また、業務の進捗に合わせて行動履歴やコメント履歴を閲覧することができる機能が搭載されています。履歴を見ることができれば、いつ誰かが何をしたのかを管理者は把握することができるので、もし何かトラブルが発生した時も履歴などを確認して解決策を見つけられる可能性が高くなります。


ITサービス管理ツールを導入するとどのようなメリットを得られるのか


製品の中には成果を積み上げて適用範囲は順次拡大を図ることができるシステムがあります。高価なシステム運用ツールを導入している企業もありますが、定着が難しくそのことに対して課題を抱えている企業も少なくありません。


ITサービス管理ツールを導入するならば順次拡大をすることでサービス管理を定着させることをお勧めします。作業ボリュームの見える化を期待することができるので、ユーザーの満足度を向上させることができます。ユーザーの満足度を高めたいという企業はとても多く、満足度を維持し続ければサービスの継続的な利用を見込むことができます。


作業ボリュームが見える化されると、問い合わせ対応の記録が残るため、コスト計画の制度が向上することが期待できます。これによってユーザーへの対応時間の縮小を図ることができ、結果的にユーザーの満足度向上に繋げられる可能性があります。
ツールの中には、クラウド上でデータを保存してくれる製品もあります。そのような製品を選択すれば、あらゆる拠点からアクセスをすることができます。例えば、本社から遠く離れているパートナー企業もアクセスすることができ、日本に限らず世界のグローバル拠点からのアクセスも可能になります。


ITサービス管理ツールを購入するベンダーの選び方のコツ


ITサービス管理ツールの導入を検討している企業では通常、導入してくれるベンダーを選択することが求められます。ベンダーを選ぶ時、機能が横並びならプラン内容で選択する場合もあります。クラウドサービスなどは月額利用料を払うことで、初期費用の低価格設定によって初期のコストの負担を少なくして導入ができる可能性があります。


ベンダー選定で悩んでいる人は、資料製品の機能を見比べてみてはいかがでしょうか。さらにベンダーの中には、無料トライアルを実施しているところがあります。無料トライアルを利用すれば実際にその製品の使いやすさや機能を確かめることができるので、ITサービス管理ツール選びの参考ポイントの一つとして活用することができるでしょう。

さらに詳しい内容を知りたい方は、
下記のフォームよりお気軽に
お問い合わせください。

ITサービス管理についての豆知識 | ITサービス管理ソリューション「SmartStage|スマートステージ」

104.215.22.211