トピックス

ITサービスマネジメントとは – システム管理者なら押さえておきたい、ITIL用語解説

ITサービスマネジメント(ITSM:IT Service Management)とは、ITシステムによるサービス提供を管理(マネジメント)することです。
従来のIT部門では、ITシステムを開発・運用することが業務の主目的になりがちでした。そのために、利用者視点が不足してしまい、ユーザーの満足度向上に課題を抱えていると言われていました。
そこで、利用者視点でITサービスの提供を考えるのがITサービス管理です。もちろん、従来のITシステムの開発・運用も残っていますが、あくまでITサービスを提供するための手段に過ぎません。
ITサービスでは、業務部門が必要とするITサービスを確実かつ継続的に提供すると共に、ビジネス環境や情報技術の変化に合わせて、常に改善を続けていく必要があります。そのために、これからのIT部門には、従来のITシステムの開発・運用という役割だけでなく、自社のビジネスを理解し、その成長に応じたITサービスの提供が求められているのです。
そして、ITサービス管理を考える枠組みとして、幅広く利用されているのが、ITIL (Information Technology Infrastructure Library)なのです。

itsm
SmartStageサービスデスクは、既存業務フローを大幅に変更することなく、ITILに準拠したITサービスマネジメントを実現できるITサービス管理ツールです。ITSMツールに合わせて業務を行うのではなく、既存の業務と自社システムに合わせたITサービスマネジメントを構築するため、ITILのベストプラクティスをスモールスタートで即座に実現することで、短期間で効果を実感できます。

ITILのメリットを活用できる
ITサービス管理ツール